表紙イメージ写真

設計工房 蒼生舎

そうせいしゃ

Souseisha Architectural Desing Studio

愛知県名古屋市の建築設計事務所/住宅設計

愛知県名古屋市千種区の建築設計事務所です。

注文住宅を中心に建築の設計監理をしています。主な対応エリアは愛知・岐阜・三重などです。

「家づくりをどう始めていいか分からない」という段階からでもお気軽にご相談下さい。

蒼生舎の家づくり

自然を感じられる

自然や季節の移り変わりを感じられる広がりのある空間をつくりたいと思っています。屋外とのつながりを心地良いと感じ、庭に面した大きな引戸窓や、空が見える吹抜の高窓のある家などを多く設計しています。密集地でも中庭を囲うコートハウスとすることで、少しでも自然の採光や通風を得たいと思っています。もちろん空調や床暖房も利用しますが、自然の爽やかな風や冬の日差しのぽかぽかした暖かさは何とも心地良いものだと思います。

自然素材と手仕事

無垢の木や石、土、コンクリート打ち放し、漆喰や土壁 等、本物の素材をできるだけ素のままに使うのがが好きです。木も着色しない方が本来の木肌と自然な色の経年変化を見ることができます。自然素材に安らぎを感じるのは本能的なものではないでしょうか。特に内装材にはできるだけ自然の素材を使いたいと思っています。変化に富み時間の経過と共に徐々に変わっていく、予測しきれない偶然性も楽しくとても魅力的です。予算の許す範囲でできるだけ取り入れたいと思っています。 自然素材の良さだけではなく短所やメンテナンスのことなどもお話しし、その上でおすすめしています。

必然のデザインとバランス感

建築デザインには構造や素材のあり方からくる何らかの必然性を伴っていたいと考えています。それぞれの特性を活かしたいという思いがあり、嘘っぽいものや奇をてらったものが単に嫌なだけかもしれません。

バランス感覚も大切にしたいと思っています。設計は、構造、耐久性、美しさ、温熱環境や風通し、使い勝手、メンテナンスのし易さ、建築法規、防犯性、施工性、コスト等、多くのことを同時に考えながら進めていきます。建築主の方のご要望と指向をくみとりながら、時には相反するこれらに優先順位をつけて調整していきます。

蒼生舎は小さな設計事務所の割に、住宅設計例の構造規模・仕様・工事費などの幅が広いです。意図してきたことではないのですが、多様な建築主の多様なご要望と個々の敷地条件に応じた最適なものを模索してきた結果だと思います。その分勉強しなければならないことも増え大変に思うこともありますが、専門家・技術者としての精進には役立ち、アイデアの引き出しを増やしてくれています。蓄積された経験を今後の提案に活かしていきたいと思います。

全体を考えたデザイン

庭やアプローチ・塀などの外構工事も一緒に設計しています。建物と外構デザインは一体のものです。窓から見える庭の景色はインテリアの一部となり、開口部の設計にも影響を与えます。控えめなデザインの建物と豊かな外構の組み合わせは、住宅街の景色として好ましいですし、品が良いのではないでしょうか。本体と外構を同じ会社で一連に施工できることのコストメリットも期待できます。

また、必要に応じてダイニングテーブルなどの置き家具も提案させていただいています。無垢材のテーブルが置かれると、それだけでも食卓が豊かになります。

100%を目指さない

1983年に蒼生舎を始めてから30年以上、20代から70代まで幅広い年齢層の方々の住宅を設計してきました。人生の様々な段階での家づくりに立ち会えたことで多くのことを学ばせていただきました。また新築時には若かった建築主の家族構成や生活スタイルが年々変化していく様を見るにつけ、住宅の設計に長期的視点が必要なことを実感しています。新築完成時はゴールではなく、後の生活の変化についていかなくてはなりません。

そのためには根幹をなす部分をしっかりつくり、枝葉の部分はフレキシブルに付け足す余地を残しておく、そしてこの根幹部分の設計がとても大切だと思います。耐震性や耐候性など基本性能の確保は当然のこととして、デザイン的にも劣化しないものをつくりたいと思います。空間構成、壁と開口部のバランス、素材の組み合わせ方、時間を経ても良いと思える普遍的なデザインを目指しています。

また住宅の設計は、つくり込み過ぎず少し自由度を残した控えめなデザインが良いと思っています。住む人が工夫しながら自由に使えることは、住まいへの愛着を生み、日々の暮らしの楽しみにつながっていくのではないでしょうか。

工務店の選択と設計事務所の役割

設計事務所の特徴を「デザイン性」と考えている方は多いと思いますが、それだけではなく家づくりに向けた体制のつくり方に違いがあります。ハウスメーカーなど設計施工一体の場合「設計依頼=施工者も決定」となりますが、設計施工分離だと住宅の構造規模や仕様が決まってから施工者を選択することができます。家を建てるという初めての経験で、自分の家づくりに適した施工会社を最初にきちんと見分けて選択するのは難しいことです。その難しいことを専門家(設計事務所)と相談しながら決めることができます。例えるなら、初めての山登りにガイドを付けるようなものかもしれません。

※ 設計施工分離とは、設計と施工を分けて別々に契約する方式です。建築主は設計監理業務を設計事務所と契約し、工事請負契約を施工会社と契約します。設計事務所は設計と工事監理(設計図通りに施工されていることを確認する仕事)を担います。

工法

建物の規模やプラン・敷地の状況・建築主のご要望に応じ、木造、鉄筋コンクリート造(RC造)、混構造、鉄骨造(S造)から、 耐震性・快適性・コスト等のバランスを考えた最適な工法を選ぶようにしています。また、それぞれの工法を得意とする工務店を提案しています。

-木 造-

ローコスト住宅から数寄屋などの高級住宅まで幅広く対応できるのが木造です。軒の深い木造住宅は、日差しがきびしく雨の多い日本の夏に適しており、断熱材をたくさん入れる近年の工法では冬も過ごしやすく居住性は向上しています。プランの自由度が高く、軽量なので基礎など構造部への負担が小さくてすみます。土台や柱に国産桧を使うので森林活用にもつながります。

-鉄筋コンクリート造(RC造)-

重厚感のある家を望まれる方には鉄筋コンクリート造をお勧めしております。実際にとても重く、これが長所でもあり短所でもあります。重量があることで耐風性や遮音性が高まりますが、自分自身の重みに耐えるために構造部材が大きくなります。比較的大きな住宅に採用することが多く、地下車庫や屋上テラスのある住宅にも向いています。近年工事費が高騰しており、鉄筋コンクリート造を選択する場合は余裕をもった資金計画が必要です。

-混構造-

鉄筋コンクリート造+木造、鉄筋コンクリート造+鉄骨造など2種類の構造を組み合わせた工法です。それぞれの特徴を組み合わせたい時に採用します。地下車庫付の木造住宅などが典型的な例になります。

-鉄骨造(S造)-

鉄は材料強度が高いのでRC造と比較すると柱・梁のサイズを小さくすることができます。熱を伝えやすく振動しやすなど居住性のマイナス面もありますが、狭小敷地の3階建てには適した工法といえます。曲面や大きな片持ち構造など形の自由度が高いのも特徴です。近年工事費の高騰でRC造に近い価格になっており、住宅での採用例は少なくなっています。

「オーダーメイドの家」を蒼生舎と地元工務店で建てる

蒼生舎で設計した住宅は、地元の工務店に施工をお願いしています。実績のある6~7社の工務店から、その家の構造規模に適した3社前後を選んで見積りを依頼し、建築主と相談しながら施工会社を決めています。設計スタッフのいない小さな工務店(RC造の場合は少しだけ大きな工務店になります。)に依頼することが多いです。蒼生舎が設計を担うことで、設計料は必要になりますが、工務店には設計経費のかからない正味の施工金額を提示してもらうことができます。

自然素材、手仕事、オーダー製作などを取り入れると、既製部品でつくる住宅より手間がかかるため、工期が長くなり工事費も高くなりがちです。工期の長さに伴うコストアップは会社の規模に比例するので、蒼生舎で設計している住宅には小規模な工務店が向いています。

単に安ければ良いという訳でもなく、設計事務所との仕事が多い工務店の中から選んでいます。多くの設計事務所から繰り返し仕事を依頼されるということは、アフターケアを含め、きちんと仕事をしていることを意味します。設計事務所の難しい要求に対応するうちに鍛えられ頼もしい存在になっていると思います。また今は全ての建設業者(工務店)に10年間の住宅瑕疵担保責任が法律で義務付けられており、その責任を履行するための保険にも加入しています。

工務店を選択するにあたっては、信頼関係を築けるかどうかを重視しています。工事に関わる皆が、「良いものをつくる」という共通の目的を持って協同する必要があるからです。一方でなれあいにならない緊張感も必要だと思っており、適度な距離感を保つように努めています。

▲PageTop

Copyright © souseisha architectural design studio All Rights Reserved.